タイ伝統のレシピに磨きをかけた料理でバンコクでも有数の名店として知られる「マンゴツリー」というレストランがあります。日本では2002年に東京丸の内にオープンした「マンゴツリー東京」は、その視点であり 本場の味への徹底的なこだわりと洗練された雰囲気で、日本でのタイ料理ブームに、そして 定着に大きな役割を果たしてきたレストランです。

マンゴーツリーキッチンのページ
タイ料理本・マンゴーツリーキッチンの一部

そのマンゴツリーが提案するタイ料理本『 mango tree kitchen(マンゴツリーキッチン) 1500円』 が出版されました。本の内容は、イサーン地方の伝統料理と人気メニュー 32のレシピが書かれたものです。本にはタイ料理の名店による絶品レシピとマンゴツリーで提供されているメニューを含めた本格的タイ料理のレシピ32品を公開しています。マンゴツリースタッフが、現地で愛されている十数件の屋台で厳選した人気のレシピも加えています。

今回ピックアップしたメニューは、野菜を多く摂れて、かつカロリーが低いものが中心で、食材やソースの解説も含め、自宅でできる本格的レシピ集です。先月19日、その出版記念パーティが、川崎駅前に20日オープンする新店舗「マンゴツリーカフェ ラゾーナ川崎プラザ」で開催されました。新店舗のお披露目も兼ねたこのイベントには、タイ本国から、マンゴーツリーのピタヤ オーナーも駆け付け出版を祝いました。

ピタヤ オーナーと小島 由夫氏
ピタヤ オーナー(左)と小島 由夫氏

著者の小島由夫氏は、株式会社ミールワークス・株式会社マンゴツリージャパン代表取締役社長ですが、日本におけるタイ食文化の普及を通じたタイ観光への多大なる貢献が認められ、2015年11月、タイ国政府観光庁から「タイ食文化名誉奨励者」として表彰も受けています。 この本の評判が良ければ、次はチェンマイ・チェンライにスポットを当てたタイ料理本を出版したいと意欲満々とのこと。とても楽しみです。