タイでも日本でいう“お歳暮”にあたる慣習がありのをお存知ですか?
お歳暮によく利用される品物の一つが「ツバメの巣」でもあります。

年末になると大きなバスケットを持ったタイ人を見かけますが、
「ツバメの巣」のドリンク詰め合わせだったりします。

その他、体に良いと知られていますから、お見舞いの品物として
利用されています。タイの病院へ行くと、必ず売られています。

お見舞い用のツバメの巣

ツバメの巣は、中国や東南アジアの国々では美容と健康のための天然素材
として珍重されてきました。ツバメの巣は多くの種類の天然栄養素や活性

たんぱく質、コラーゲン、カルシウム、リン酸、ナトリウム、カリウム、
ビタミンA、B1、B2、鉄分など鉱物質を豊富に含んでいます。 
また、シアル酸がロイヤルゼリーの200倍も含まれているそうです。

燕の巣 ツバメ

シアル酸は、体に入ってこようとするウイルスを捕まえ、体内に入るのを防ぐ
力があるため、さまざまな病気の予防に効果的です。タイ人がお見舞いに
ツバメの巣ドリンクを持っていくのには、そういう理由があるんですね。

ツバメの巣は他にも、インフルエンザ予防に効果的との説もあるようですし、
また育毛剤として開発が進んでいるようです。これは意外でした。