タイは常夏の国ですから、ビールも一年中 美味しいですね。いつも夏本番です。しかし タイは飲酒においては、仏教の影響もあってか、何かとうるさい国に入るでしょう。タイは日本と比べるとタバコとアルコールについては 結構 規制が多い国です。

と、言いながらもキリンがまとめた2016年の世界のビール消費量で、タイは前年比1.5%増の191万キロリットルで19位でした。ちなみに日本は525.1万キロリットルで7位です。タイのビールの消費量、前年比1.5%増と言っても これは増大している外国人観光客が寄与している部分が多く、実際は国内のタイ人のビール・蒸留酒事業は伸び悩んでいます。

タイ・ビール

ところで、タイではビールに氷を入れて飲むのが当り前です。日本の観光客が初めて見た時は驚きます。普通 氷を入れるなんてビール好きは嫌がりますよね。でもタイではビールを飲む時は、氷を入れて飲むのが定番なんです。いろいろ諸説ありますが、こんな理由からでしょう・・・

* 昔はこんなにエアコンが多くなく、暑いからビールがすぐに ぬるくなってしまう。
* 以前のビールはアルコール度が高かったので、氷で薄めた。
* 今ほど冷蔵庫が普及されておらず、家にあるビールに、買って来た氷を入れて飲んだ。
* タイの人は屋外でお酒を飲むのが好きで、冷たいビールを いつも飲みたがるから。

チャーンビール

これらの慣習が今に繋がっているんですね。最初は驚いていたんですが、今では必ず氷もオーダーしている日本人の友人もいます。日本で同じようにやっても 不思議と美味しくありませんから真似しないように(笑)。