タイの首都・バンコクには様々な料理店がありますが、何といっても外国料理では日本料理店が一番多いでしょうか。今や2,000軒を超えているでしょうね。 “なんだこれ” と思うものや “もどき” の和食も街に溢れています。韓国料理も多くなりましたが、韓国料理も然りです。

ムーガタ料理ツバメ
ムーガタ料理

タイでは「ムーガタ」というジンギスカン鍋のような鉄板で焼肉を食べさすお店が人気ですが、これは韓国式焼肉を真似たものです。近年の和食ブームでタイでは鍋物と回転寿司を融合させた店が増えてきている中、同じスタイルで韓国式焼肉を楽しめる店が見られます。しかも安い。

その代表が日本料理や韓国料理店を経営するスキシグループ。タイ全土で30店ほど展開しており、回転寿司のようにベルトコンベアに乗せられて店内を移動する肉や野菜などを自由に取ることができます。ほかには寿司や揚げ物、カレーライス、サラダ、果物、アイスクリームがあり、ソフトドリンクも飲み放題。すべて込み込みで350バーツ(約1,200円)です。130cm以下の子どもは半額か、店員の裁量によっては無料になるから愉快です。

タイの回転式ツバメ
回転式の料理店

タレもタイ式や日本の焼肉のタレに似たものもあり、日本人でも大きな違和感を持たずに食べることができるかも。鉄板はジンギスカン鍋のようになっており、鉄板の山の上で肉などを焼き、周囲のくぼみに入れられたスープで野菜を煮て食べます。来タイしたら、一度 お試しあれ。