昨年10月1日時点で、タイの在留邦人数が前年比 3.4%増の72,754人になったことが、外務省から発表されました。国別では米国、中国、豪州に次いで4位となりました。ですが、この数字は在タイ日本大使館に届け出をしている人のみですから、よく言われているように 実際は10万人前後 滞在していると推測されます。そりぁ~ タイに日本料理店が2千軒も超えるはずですね。

トンロー日本市場
トンロー日本市場

そんな中 今年6月に、バンコク市内トンロー通りソイ13の日本村内に、タイで初の日本生鮮卸売市場となる「トンロー日本市場」がオープンしました。オープンさせるのは、日本国内で航空・空港関連事業や生活に身近な商材やサービスの提供など、多岐にわたる事業と免税店をも展開している株式会社ジャルックス(JALUX)です。 

ジャルックス社は元々 日本航空の子会社でしたが、現在は商社の双日が筆頭株主です。同社が、タイに設立した合弁企業・ジェ バリュー社(J VALUE CO., LTD.)が運営します。「日本のいいものを世界へ」というコンセプトのもと、新鮮かつ安全な日本産食材(鮮魚、野菜、果物、牛肉など)を、現地のレストラン、ホテル、卸・小売の事業者に提供していくとのこと。

ジャルックス
ジャルックス

このような食材を、プロを相手に取扱うのは難しいと思っていましたが、ジェ バリュー社は築地の鮮魚仲卸・亀本商店と青果卸・長峰商店、名古屋の精肉店・杉本食肉産業との共同出資の合弁会社なんです。 「トンロー日本市場」の話、もう少しありますので来週に ・・・